FRB=健全、日銀=ヤバイ

FRB議長の発言「米経済は重大な下振れリスクがある」の一言で相場は荒れている。

FRB議長はやらかしたのか。

筆者の目線からはパウエルFRB議長は極めて当然の、やるべき事をした様に見える。

なぜならFRBとは米国経済の安定的発展を支えるべき存在だからだ。

今の米国株の水準はバブルの領域に入ろうとしていたのだ。

議長は実態経済を伴わないバブル相場突入を食い止め修正する方向に導いたのだ。

そもそも、今回の上昇局面はFRBが作ったものだ。

しかしFRBが大元のきっかけこそ作りはしたが、ここまで勢い付かせたのは市場参加者であってFRBではない。

それでも、このままバブル相場に突入したならば、後の世の経済史の書にはこう書かれるであろう。

FRBのあまりにも性急な金融緩和と超法規的とさえいえる行き過ぎた対策が、政府の莫大な財政出動と相まってバブル相場を生んでしまった

当然、FRB議長としてはその様な烙印は避けたいはずである。

このパウエルFRB議長の発言に力を得たかの様に、著名な投資家の人が「明らかに今の米国株は割高だ」と言ったそうだ。

が、この著名な投資家は自分が2番底での買い付けをしたいだけの人にしか見えない。

今まで予期せぬ上昇局面が続いてジクジたる思いをしていたのだが、パウエルFRB議長の発言に勢いを得てここぞとばかりに言った様に見える。

何を隠そう、とものも同じ様な心境なので良く分かる。

恐らくトランプ大統領が、「ネガティブな発言をする物は相場の下落を狙っている」と言ったのは、パウエルFRB議長に対してではなく、このちゃっかり乗っかり発言をした著名な投資家さんに対してなのだろう。

ともあれ、大筋を決して見失わないFRBに比べいったいぜんたい我が国の中央銀行はいかがなものか。

そう、ETF買いの事である。

我が国の中央銀行は自らバブル相場へと導かんとしているのか。

買ったETFを将来どうするつもりなのか。

大幅な含み損になって、日銀自体が債務超過になったら国の信用はどうなるのか。

将来の日本株はETFの処理という爆弾を抱える事になってしまったら日本株自体が外国人から見放されないのか。

中央銀行のバランスシートに株などというリスク資産がいつまでもあってもいいのか。

以前にも記事にしたが、日銀のコロナ対策は理解できる。が以前よりずぅーーーと行っている異次元緩和政策についてはもういいかげん一刻も早く出口戦略に移ってほしい。

それが、ひいては日本株の「健全なる」上昇に直結するものであると信じる。

ニセ上げが本性を現した

個人的には待望の大幅反落が来た。

前回記事「1571日経平均インバース含み損 絶賛 拡大中」を読んで頂いた読者の方なら何をいっているか良くわかっているだろう。

ただ、大幅反落を待望していたなどと書くと多くの読者を敵にしてしまいそうで本当は書きにくい。

そうは言っても、そもそもこのブログ自体が2018年の時点で既に相場は天井圏にあるから売り逃げた方がいいという主張であったのだからある意味しかたがない。

無名個人ブログが読者に媚びてもしょうがなくもある。

とかく株を取り巻く界隈では、今後の相場の動向は常に明るい方向・上げの予想をしなければならないというオーラを感じる。

証券会社所属のアナリストは解る。

人気を取りたい有名ブログや有名ユーチューバーも解る。

しかしその人たちに惑わされて右往左往させられて損までさせられたら、そもそも人気もクソもないのではなかろうか。

真の人気を得ようとするなら、もっと真摯な予想を率直にだす方がいいような気がする。まあとものには全く関係ない世界だが。

1571日経平均インバース含み損絶賛拡大中

先日1640円で買った日経平均インバース(1571)が絶賛含み損拡大中です。

まさか日経平均が2万円を超えるてくる勢いを持つとは完全に予想外でした。

相場とは、かくも分からないものであります。

ただしこの上昇は騙し上げであるという想定はまだ崩しておりませんので、まだしばらくはHOLDします。

とものの経験上必ず、重要な反転ポイントの直前に感情が叫ぶのです。

「もうヤバイ、ここで清算してしまわないと損失がどんどん大きくなる!完全に読み違えたぞ!」と

そしてそこがこの上昇相場の終了ポイントです。

だから決して、いざその時には、売ってしまいたい感情にまかせて行動してはいけないのです。

むしろそこで、ここまでの反転上昇率の大きかった個別銘柄に売り向かうのが理想です。(これが解っていてもなかなか実行はできないのも自分なのですが)

まあ売り向かいはヘタレなので、できないとしてもそこでは決して投げない事が最重要だと思っています。

ヘタ打ったよ記事なんて皆様のお役にはたたないですが、自分が感情任せに行動しない為に記事として上げました。付き合って頂いた皆様すみません。

2番底はコロナ収束後にやってくる

世間の言う2番底は新型コロナウイルスの比較的早期収束後にやってくるのではないかというひとつのストーリーが浮かんできた。

考えてみれば、今はG20で協調して政府、中央銀行による最大限の緊急特別対処をしているのだ。

この政府、中央銀行の最大限の緊急特別対処というのは、あくまで新型コロナウイルスの莫大な影響に対処する為である

その原因が収束したと判断されたならばどうなるか。

そう、スクランブル体制はとりあえず終息させ、正常な範囲の緩和体制に持っていこうとするはずである。

FRBのジャンク級CLOでも買い取る処置などはスクランブル体制の最たるものだ。

新型コロナウイルス収束にともないFRBがジャンク債の買い取りは中止すると発表した時、市場に混乱がおきる可能性は高いのではないだろうか。

しかしその段階でCLOの問題が表面化したとしても、それは流石に各企業の自己責任とされるのだ。

いつまでもFRBがジャンク債まで買い取ってくれると思っていたなんて通用しないのである。

市場はまだ、新型コロナウイルスさえ終息したなら全てがよくなるはずだと思い込んでいる。

いま現在の相場の落ち着きの全ては米国を中心とした各国政府、中央銀行の超法規的とさえいえるレベルの保護によるものなのだ。

そう考えると、やはりまだまだ本格的な買いはとてもできない。

虚業資本主義vs実態経済

どうもここもとのダウの強さが気になる。

というのは、今回の事態がごく普通に考えればとてもじゃないけどV字回復できるような事態じゃないのに、このダウの強さは何なんだという訳だ。

先日買ったインバースも含み損になりやや自分の予想が外れた腹いせ記事のようになるが、とものの愚痴と思って読んでいただけたならば幸いだ。

ここ3日ほど何故こんなにダウが強いのか、ずっと考えてみた。

結論からいうと、今の相場は記事タイトルにも書いた様に虚業=デリバティブ金融取引さえ無事ならば実態経済などはニの次なのだ。

さらに言うと各国政府の財務がどうなろうともデリバティブ金融取引さえ無事ならば無問題なのだ。

ただし、これはあくまでも「今の相場」であって、つまりは明日の相場はどうなっているのかは全くわからないのである。

実態経済無視の上げ相場をひとはバブルと呼ぶ。

今回もしバブル化したならば、過去にない万人に見え見えのバブルだ。

つまり誰もがバブルだとわかっているバブル。

そんなバブルが来るとは到底思えない。

・・・と愚痴ってしまいました。

このニセ上げに騙されるな

ここもとのダウや日経平均の戻りでやや投資家心理の雰囲気が変わってきた。

「この上げ相場に乗れなかったのは失敗でしたね。臆病すぎですね。」

なんていう調子のブログサイトさんまで散見される。

とものの直近の売買行動といえば「売り」に相当する日経平均インバースETFを少々買った程度である。

とものは世間で意識されている2番底どころか、それさえも大底に非ずという想定でいま投資をしている。

まあ相場の事だから100%当てるのは不可能なのではあるがこれだけはまちがいないと思っている。

それは、

一時的なその時その時の相場の動きや雰囲気に右往左往させられているだけでは100%負け組になる

なので、一度自分なりの判断をしたならば、ある程度まではその時の考えを変えない事が重要なのだ。

ここで「ある程度まで」とするのは間違いはいつかは必ず犯すものでありここを「絶対に変えない」などと頑なな姿勢をとるとそれは「相場と闘う」という絶対してはいけない行動をする事になり、そんな行動は避けなければならないからだ。

で話は戻って、とものは世間の言う2番底でさえ大底ではないと思っているので、今現在の戻り基調など「騙し上げ」以外のなにものでもない。

考えてみれば普通、大底に達するまでには何度も何度もこの「騙し上げ」があるものである。

ここらでいちいち騙されて買っていたのではいざ大底に達した時には既に買いの資金は枯渇。買いたくても買う資金がなくて指をくわえてみているしかない。

なんていう事にもなりかねない。

そうやってより多くの人の買いの資金が最も細くなってしまったところが大底になるのである。

より騙されなかった人にこそ、より多くの大底買いのチャンスが発生するのだ。

別に上がったから損がでる訳でも無いので、なにも焦る必要もないのである。

決算ラッシュ=失望ラッシュ?

来たるべき4月末から本格化する4Q決算発表。

おそらく新型コロナさんの影響は重々承知のスケで4Qの好決算なんて期待されていないのは当たり前だの市場コンセンサスなのでしょう。

だがしかしですよ、来年2021年3月期は期待されちゃっているんじゃないですか、どうですか?みなさんどうですか期待してませんか。2020年も夏か秋過ぎには新型コロナさんはもう姿形もなくなって景気も業績も急回復で来年2021年3月期は好決算~~~って期待してませんか。

実際にはどうなる?どうなる?

各社それぞれ来年2021年3月期の見通しは

おそらくこの来年2021年3月期の見通しの強弱がその企業の夏場あたりまでの株価の行方を決定づけるはずです。

さあ経営者CEOの気持ちになって来年3月期の見通しをたててみましょう。きっとそこに答えがあるはずです。

総悲観は調整底、大底は絶望

こんな混迷極める相場に出食わしてしまった私たち。

今こそあの米国投資家J・テンプルトンが述べた名格言を今一度思い出そうではないですか。

そうですこれです。

強気相場は、絶望の中に生まれ、懐疑の中に育ち、楽観とともに成熟し、幸福の中で消えていく

どうでしょう。今の相場、まだまだ”絶望”には程遠いとは思いませんか。

とものの感覚ではせいぜい”総悲観”がいいところですね。

断言します。(保障はしませんが)

総悲観程度では新たなる強気相場は生まれません。(保障はしませんが)

総悲観程度はやや深い調整局面の底打ちぐらいしかそのチカラは無いのです。

悲観とはまだまだ理性の働いている状態。そこからさらに突き落とされた時、ひとは感情に支配された絶望という領域に入る。

新たなる強気相場はこの段階まで至らないと生まれないのです

何故ってテンプルトンがそう言っているし、とものの実体験からもとても共感できるから。

という事でとものはまだまだ本格的な買いは控えます。

ただし次に大きく新安値まで下がったら打診買い程度は入れるかもしれません。(ドルコスト平均法的意味合いを込めて)

大底買いを成功させる秘訣

結論から言うと、個人投資家が大底買いをバッチリ決め易いtop級要件をとものはこう思っています。

その銘柄(ブランド、商品)の大ファンである

実際、とものはSONYの大ファンなのですが、リーマンショックの下げ相場で見事に大底(圏)である800円台でソニー(6758)を仕入れる事ができました。

心底ホレ込んだ銘柄の魅力は全く失せないし色褪せなもしないものです。たとえ世間がどんなに見捨てようとも、果てはつぶれるかもしれないと危惧しようとも。

ただしこの方法は相手が簡単にはつぶれない大企業じゃないと危なっかしいかもしれませんね。

という訳でとものはこれからCanonの大ファンになろうと思います。

そうです、 キヤノン(7751) この下げ相場で大底拾い、いの1番に狙っています。

追記(4月8日) 先日より買い指値がなかなかささらなかった日経平均インバース(1571)1640円で買いました。買い数量はほんのお遊び程度です。

弱気相場は2年前から始まっていたのか

どうにも違和感がある。

何にか。

指数たる日経平均株価にである。

2月半ばから始まった新型コロナウイルスショック・・この下げ相場の大底がどの辺になりそうなのか・・とうい動画や記事を最近よく目にする。

どの動画や記事もまず日経平均株価を使ってシュミレーションしている。

そうすると下げ相場の起点は当然の様に新型コロナウイルスショックの起きた2月半ばであるとしている。

でも個別株でみれば下げ始めたのは決してそんな今年の2月からなんかじゃ決してない。

少なくとも筆者の追いかけている銘柄のほとんどは2018年2月からずっと下げ基調が続いているのだ。

今年から下げ相場開始なんてあまりにも違和感がありすぎる。

でもこの違和感は日経平均株価とTOPIXのここ2年のチャートの違いを見た時、全て解消された。

そう、TOPIXでみれば筆者の知っている個別株の動きと全く同じ様にやはり2018年2月からずっと下げ基調なのだ。

「こんな事を何を今更・・」という読者も多いかもしれない。

しかし次の問いには誰も答える事はできないであろう。

新型コロナウイルスショック開始というよりもアベノミクスの終焉の弱気相場という意味でも始まったばかりだと言えるのか。

そして前述の動画や記事も起点を今年の2月としながらも想定しているのはアベノミクスを終焉させる弱気相場なのである。

つまり筆者のなげかけを率直に言うと

この弱気相場の起点は2018年2月ではないのか?

                        Ⓛ

かれこれ2年も弱気相場は続いてきたのである。その勢いは日経平均をごまかせる程に非常に弱いながらも。

こんな見方もこの弱気相場の大底を読む上では十分に考慮しておいた方がよさそうである。