日本男児だと思ってても20%は中国朝鮮系?

DNAハブログループという男系Y遺伝子の解析が大変興味深い。どうやら100世代も遡れば中国朝鮮系になってしまう日本人男性は20%もいるのではという結論。つまりあなたが生粋の日本男児ではない率20%!!


性染色体というのをご存知でしょうか。男性と女性を分ける遺伝子であり、女性がXX、男性がXYであるというやつ。

簡単に性染色体のシステムをご説明します。

子供は両親からひとつずつ性染色体をもらいます。但し母親はXXタイプであるが故、X染色体しかもっておらず、子供が男の子になるか女の子になるかは父親側のXとYどちらの染色体をもらうかで決まります。

要約するとこうです。

母からはXで確定。

父からもXをもらえばXXで、子供は女の子。

父からYをもらえばXYで子供は男の子です。

女の子を決定させるXX染色体タイプは父母から同タイプであるXをもらうためX染色体内部で父母由来の情報が交じり合います。これに対しY染色体はX染色体とはタイプ自体が違うため一切交じり合いません。

ここから分かる様にY染色体は男系男子のみに伝わる、女性側の介入する余地のない一切の混血もない男の絶対的系統なのです。

そんな男の絶対的系譜を決定付けるY染色体をしらべてみたら日本人は主に4種類の系統に分かれるそうです。

  • C型  北方バイカル湖方面からやってきた古い系統。少数もアジアに分布
  • D型  古い系統。アジアでも日本のほかはチベットの一部にしかない
  • O2型 日本のほか朝鮮にも見られる。系統はやや古い
  • O3型 中国を中心に朝鮮やアジア広域でみられる主流タイプ

ここから明確にわかるのは、日本人特有の系統はD型。しかもこのD型の割合が全日本人男性の40%も占めているそうです。これが日本人が周辺のアジア人とは決定的にルーツが違うとされる要因のひとつらしいです。

ここで注意しなければいけないのは

「全日本人男性のなかに40%のD型成分が含まれる」のではなく全日本人男性の40%の人だけがD型であり、残り60%の男性は違うという事です。

なかでもO3型は中国を中心にアジア全域に分布する主流系統なのです。そして日本人男性の20%はこのO3系統である。

O2タイプも加えたなら半分以上の日本人男性は「日本人が周辺アジア諸国の民族とは異なるとした根拠をもつD系統」ではないのです。

繰り返しますが、Y染色体は混血しませんので男系男子としての絶対的系統を示します。混血して途中で変わったなんて事はないのです。

男性のみなさん。自分のY染色体が何型か気になってきませんか。もしO3だったなら、父の父の父の・・・・と100世代も遡ればまず日本に住んでいないらしいです。

なんとなくとものは自分はD型だと思ってますが実際のところはどうなんでしょうね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。