まだ買うには絶望が足りない

【 株 】

相場っていくらファンダメンタルだのテクニカルだのと言ったところで最後の最後は人の感情に支配されるもの。

それでセンチメントなんていう用語があるわけです。

で結局どこが大底になるかというとかなりの高確率でセンチメントが最悪な時なわけです。

とものはいつも「売るも買うも自分の感情に聞いてみな」と自問します。

感情が買いたくて買いたくてしょがない時は決して買ってはいけない。

感情が売りたくて売りたくてしかたがない時は決して売ってはいけない。

とものの経験上、この上ふたつを実践できればまず天井買いや大底売りはしないと断言できます。

では直近の課題、大底買いをするにはどうしたらいいか。

ここまで何度も何度も底打ちのフリをしてはさらに下げてきやがって、どうせこの先まだまだ下がるんだろ。こんな所で買うのはバカだ。しかももう相場のイヤなところはイヤっていうほど見せつけられたよ。できればもう株なんかと関わりたくないよ・・と感情が叫ぶ時、お金をドブに捨てる気で買いを入れる。

これにつきます。

ですのでまだ買いのタイミングではありません。

コメント

スポンサーリンク