含み損のポジションを今一度冷静に見つめよう

これはとものが前回の弱気相場「サブプライム相場の終焉」時の惨憺たる経験からの新米投資家のかたがたへの呼びかけです。

いよいよ相場は弱気相場入り色を強めてきました。しかしながらこれが本当に弱気相場ならば今はまだまだ序盤に過ぎません。含み損を抱えた方は今、安易にナンピンをするのだけは避けて下さい。

含み損の持ち株を今一度冷静に見つめ直してください。アベノミクス相場の基点から6倍にもなっているような銘柄はこれから四分の一になってもおかしくありません。ここで損切りしておけば大怪我を避けられるかもしれません。

とにかく今はポジションを小さくする事を第一に考えてください。

ちなみにとものは既に買いポジションは全くありません。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。