FRB=健全、日銀=ヤバイ

FRB議長の発言「米経済は重大な下振れリスクがある」の一言で相場は荒れている。

FRB議長はやらかしたのか。

筆者の目線からはパウエルFRB議長は極めて当然の、やるべき事をした様に見える。

なぜならFRBとは米国経済の安定的発展を支えるべき存在だからだ。

今の米国株の水準はバブルの領域に入ろうとしていたのだ。

議長は実態経済を伴わないバブル相場突入を食い止め修正する方向に導いたのだ。

そもそも、今回の上昇局面はFRBが作ったものだ。

しかしFRBが大元のきっかけこそ作りはしたが、ここまで勢い付かせたのは市場参加者であってFRBではない。

それでも、このままバブル相場に突入したならば、後の世の経済史の書にはこう書かれるであろう。

FRBのあまりにも性急な金融緩和と超法規的とさえいえる行き過ぎた対策が、政府の莫大な財政出動と相まってバブル相場を生んでしまった

当然、FRB議長としてはその様な烙印は避けたいはずである。

このパウエルFRB議長の発言に力を得たかの様に、著名な投資家の人が「明らかに今の米国株は割高だ」と言ったそうだ。

が、この著名な投資家は自分が2番底での買い付けをしたいだけの人にしか見えない。

今まで予期せぬ上昇局面が続いてジクジたる思いをしていたのだが、パウエルFRB議長の発言に勢いを得てここぞとばかりに言った様に見える。

何を隠そう、とものも同じ様な心境なので良く分かる。

恐らくトランプ大統領が、「ネガティブな発言をする物は相場の下落を狙っている」と言ったのは、パウエルFRB議長に対してではなく、このちゃっかり乗っかり発言をした著名な投資家さんに対してなのだろう。

ともあれ、大筋を決して見失わないFRBに比べいったいぜんたい我が国の中央銀行はいかがなものか。

そう、ETF買いの事である。

我が国の中央銀行は自らバブル相場へと導かんとしているのか。

買ったETFを将来どうするつもりなのか。

大幅な含み損になって、日銀自体が債務超過になったら国の信用はどうなるのか。

将来の日本株はETFの処理という爆弾を抱える事になってしまったら日本株自体が外国人から見放されないのか。

中央銀行のバランスシートに株などというリスク資産がいつまでもあってもいいのか。

以前にも記事にしたが、日銀のコロナ対策は理解できる。が以前よりずぅーーーと行っている異次元緩和政策についてはもういいかげん一刻も早く出口戦略に移ってほしい。

それが、ひいては日本株の「健全なる」上昇に直結するものであると信じる。

2番底値をPBRから探ってみた

先期2020年3月期決算発表では今季2021年3月期見通しの発表を見送る企業が続出の雲行きだ。そんな時の参考指標のひとつにPBRがある。

JPXのサイトから東証1部連結ベースの月足PBRデータを取得して、PBRの面から2番底の底値について探ってみた。

“2番底値をPBRから探ってみた” の続きを読む

ニセ上げが本性を現した

個人的には待望の大幅反落が来た。

前回記事「1571日経平均インバース含み損 絶賛 拡大中」を読んで頂いた読者の方なら何をいっているか良くわかっているだろう。

ただ、大幅反落を待望していたなどと書くと多くの読者を敵にしてしまいそうで本当は書きにくい。

そうは言っても、そもそもこのブログ自体が2018年の時点で既に相場は天井圏にあるから売り逃げた方がいいという主張であったのだからある意味しかたがない。

無名個人ブログが読者に媚びてもしょうがなくもある。

とかく株を取り巻く界隈では、今後の相場の動向は常に明るい方向・上げの予想をしなければならないというオーラを感じる。

証券会社所属のアナリストは解る。

人気を取りたい有名ブログや有名ユーチューバーも解る。

しかしその人たちに惑わされて右往左往させられて損までさせられたら、そもそも人気もクソもないのではなかろうか。

真の人気を得ようとするなら、もっと真摯な予想を率直にだす方がいいような気がする。まあとものには全く関係ない世界だが。