ニセ上げが本性を現した

個人的には待望の大幅反落が来た。

前回記事「1571日経平均インバース含み損 絶賛 拡大中」を読んで頂いた読者の方なら何をいっているか良くわかっているだろう。

ただ、大幅反落を待望していたなどと書くと多くの読者を敵にしてしまいそうで本当は書きにくい。

そうは言っても、そもそもこのブログ自体が2018年の時点で既に相場は天井圏にあるから売り逃げた方がいいという主張であったのだからある意味しかたがない。

無名個人ブログが読者に媚びてもしょうがなくもある。

とかく株を取り巻く界隈では、今後の相場の動向は常に明るい方向・上げの予想をしなければならないというオーラを感じる。

証券会社所属のアナリストは解る。

人気を取りたい有名ブログや有名ユーチューバーも解る。

しかしその人たちに惑わされて右往左往させられて損までさせられたら、そもそも人気もクソもないのではなかろうか。

真の人気を得ようとするなら、もっと真摯な予想を率直にだす方がいいような気がする。まあとものには全く関係ない世界だが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。