2018年 投資未経験者が退職金を株に投資してはいけないたったひとつの理由

今年2018年、めでたく退職金を手にされた方々。その中にはご自身にて株式運用などされた事がない方も大勢いらっしゃると思います。個人向け国債も銀行利息も全然お話にならないし「やっぱり株か」とお思いになる方も多いと思います。とは言えやっぱり気になるのは「今年2018年というのが、新たに株を始めるにあたってどうなのか?」ではないでしょうか。

投資経験15年・大損経験も有りの筆者はズバリお答え致します。向こう3年ぐらいの間、株に投資するのは退職金の5%程度にしておく事を強くお奨めします。そのたったひとつの理由をご説明いたします。

 

2018年 投資未経験者が退職金を株に投資してはいけないたったひとつの理由

ズバリ、それは2018年の株価水準が高いから。

これで記事終わりでは、詐欺サイトになってしまいますので、この先、より読み進める程に、より詳細にお分かり頂ける様に記事構成していく事と致します。

1. 2018年の株価水準が高いというのは本当なの?根拠は?

まず、この記事の冒頭アイキャッチ画像をもう一度ご覧下さい。

これは向こう15年の日経平均株価チャートです。一目瞭然2018年はここ15年で最も株価が高いのです。それどころかバブル崩壊からの戻り最高値圏ですらあります。

でもそうは言っても、次の疑問が残ります。

2. 「じゃあまだまだ騰がり続けるかもしれないのでは」

それは誰も完全否定する事は確かにできません。ただしこれだけは完全に言い切れます。

永遠に騰がり続ける相場は絶対に無い。

そして騰がり続ける期間もある程度レンジがあります。

近年米国の株式市場は10年周期で大暴落するという巷話も聞きますが、それだって有る程度、過去の実データに基づいています。

これは騰げ相場が10年続くという意味ではありません。大暴落の後ジリ下げになりそれが止まるのに数年。再び相場が高値にもどるのに数年かかるからです。

近年少なくとも10年以上騰げ続ける相場などは、よほど調子のいい新興国ぐらいでないとかなり考えづらい状況なのです。

今相場は2012年から騰げてきていますので、かれこれ6年です。まだ騰げ余地があるかもしれませんが、さらにさらに長い期間に渡り騰がっていく確立はかなり低いと予想できるのです。

3. それでも短期的には大きく騰がるかもしれないじゃないか

これも仰る通りです。誰も否定は出来ません。ただひとつ言えるのは株式投資初心者がいきなりバブルの頂点を行って来いする急騰急落の場面に直面しても、多くの人はうまく立ち回れないであろう・・・・なのです。

4. なんで5%程度ならいいの?

将来必ずやって来る好機に備えて練習しておく必要があるからです。

せっかくの好機がきても、その時から始めたのでは初心者のハンデを背負ってしまうのです。

また5%程度であればほぼ何が起きても平常心でいられると思いますので、例えば「上記3のバブル化した株価の頂点で売り切る」なんていう初心者離れした事ができる確立もぐっと高まるのです。

まとめ

向こう3年ぐらいの間、株に投資するのは退職金の5%程度にしておく事を強くお奨めします。

 

ただしデイトレードだけをする予定の方や損切ラインを絶対に守ってやって行くという方はこの限りではありません。


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。