日本は内需主導になった? 為替との連動を失う株式市場を追う

日経平均がドル/円為替に連動しません。しかも、ここ1年半ますます顕著になってきました。原因として有力視されている候補がいくつかありますが今回はその内のひとつ「内需企業が好調なので為替の影響力が弱まっている」・・・・・・・この説が実際に数値で確認できるか検証してみたいと思います。

“日本は内需主導になった? 為替との連動を失う株式市場を追う” の続きを読む

私見)ソニー 2018~20中計発表→ちょっと、がっかりな感じ

ソニーが2018年5月22日に2018-2020中期経営計画を発表しました。

これに対しての市場の反応は厳しく発表前日の終値から▲106円。(何故か発表前の時間帯に一時▲200円まで下げる場面も)市場もがっかりの様子ですが、ソニー好きの「ともの」の感想とは “私見)ソニー 2018~20中計発表→ちょっと、がっかりな感じ” の続きを読む

小銭入れパンパンの悩み解消 小銭を最小限にするための2つのコツ

いつだったか、お釣りを最小限にするお金の出し方をする男性を「気持ち悪い!」と評した女性アイドル?(だったでした?)が大炎上してましたよね。でもこれ考えれば、男か女か!とかの問題じゃないですよね。

誰だって小銭パンパンにしたくないのは明らかですもの。昔なら10円玉がいっぱいあれば、いざという時・赤電話で重宝^^)とかありましたけど・・・・・・。”ともの”も50円玉より下は小銭最小化論者です。

今回は、どれだけ今、小銭パンパンな人でもこの2つのコツさえ出来れば、小銭入れもスッキリ。お会計でもお店の人に「この人賢い!」って思われるかも?。です。

“小銭入れパンパンの悩み解消 小銭を最小限にするための2つのコツ” の続きを読む

特急座席、リクライニング論争 「我流決着」

1年ほど前もお笑い芸人の方のツイートで話題になっていた、座席シートのリクライニングの問題。「リクライニング機能のある分全部倒したらダメなの?」

インターネット界隈では、賛否両論なようです。

筆者もよく内房、外房特急を利用するので、今回は古くて新しいこのリクライニング問題について「ともの流」で決着付けてみたいと思います。

 

“特急座席、リクライニング論争 「我流決着」” の続きを読む

2018年 投資未経験者が退職金を株に投資してはいけないたったひとつの理由

今年2018年、めでたく退職金を手にされた方々。その中にはご自身にて株式運用などされた事がない方も大勢いらっしゃると思います。個人向け国債も銀行利息も全然お話にならないし「やっぱり株か」とお思いになる方も多いと思います。とは言えやっぱり気になるのは「今年2018年というのが、新たに株を始めるにあたってどうなのか?」ではないでしょうか。

投資経験15年・大損経験も有りの筆者はズバリお答え致します。向こう3年ぐらいの間、株に投資するのは退職金の5%程度にしておく事を強くお奨めします。そのたったひとつの理由をご説明いたします。

 

“2018年 投資未経験者が退職金を株に投資してはいけないたったひとつの理由” の続きを読む

相場大転換?サブプライム2007年とアベノミクス2018年徹底比較

後のリーマンショック(2008年)に繋がる緒端となる2007年。この年サブプライムローン問題が顕在化して4年間続いた株価の上昇は突然にして、ひそやかに終わりを告げます。しかし相場が本格的な下落局面に入るのは翌2008年です。ここで変調を見逃さなかった投資家は命からがらも助かり、残念にも見逃してしまった投資家は・・・・・・・・・・・・。

今、市場に参加する、私も、そして貴方も2007年の教訓を今日に生かさなければなりません。かれこれ6年も続いて来たアベノミクス相場。相場6年というのは、そろそろトレンドの終わりが来ても全然おかしくない年数です。という訳で2018年と2007年の出来るだけの比較から相場大転換の予兆を探ってみたいと思います。

“相場大転換?サブプライム2007年とアベノミクス2018年徹底比較” の続きを読む

「はやぶさ」 それでも君は-帰ってきた・・・・これ感動します Part1

今回は、感動の地球帰還からだいぶ経ちますが小惑星探査機「はやぶさ」MUSES-C)について語らせて下さい。

宇宙好きの「ともの」としましては語らずにはいられないのです。

それがたとえ読者ゼロでもそれでも書くのです。

“「はやぶさ」 それでも君は-帰ってきた・・・・これ感動します Part1” の続きを読む

ソニー6%急落から見えるもの

ソニー(6758)が4月27日、2017年度の連結決算と2018年度の業績見通しを発表しました。第4Qが昨年同期比大幅減益に加えて、2018年度見通しが市場の期待(営業増益)に対し営業減益だったことが逆サプライズとなり、株価は6.1%の急落となりました。

日本を代表するITベンダー企業ソニー。市場期待と発表内容の乖離分6.1%という数字から何が見えてくるのか・・・検証してみたいと思います。
“ソニー6%急落から見えるもの” の続きを読む

ヘリマネ?日銀ETF、大量保有のその後・・

日銀によるETF買いが進み、その保有高はついに日本株の時価総額の3%台にのる勢いとなりました。これは果たしてヘリコプターマネー(ヘリマネ)なのでしょうか?

2018年の今にわかに日銀ETF買いを含む異次元緩和政策の出口戦略が注目されます。今回は特に投資家にとって注目度の高い日銀ETF買い政策の先行きと大量保有株の行方について考えてみたいと思います。

“ヘリマネ?日銀ETF、大量保有のその後・・” の続きを読む

日銀ETFの平均買付単価推移をしらべてみた

日銀によるETF(上場投資信託)買い付けはいまや投資家にとって大変重要なファクターですよね。googleで検索すると関連する記事はたくさん出てきます。ただ、それぞれの記事はそのときの瞬間だけのものです。見たかった時系列的な平均買付単価推移は探せなかったのです。なので、日銀の公式サイトに載っている決算報告書からしらべてみました。
“日銀ETFの平均買付単価推移をしらべてみた” の続きを読む